ネット上で子供の虫歯予防対策アイテムとして話題沸騰中のムシバイ。

私もこのムシバイにとても興味が沸いたのですが、でも、テテオタブレットも手軽でいいな…なんて思いました。

テテオタブレットにはたくさんの味があるので、飽きずに継続できそうという魅力もあります。

ちなみに、どんな味があるのか…チェックしてみると、イチゴ味やメロン味、バナナ、オレンジ、リンゴなどがありますし、チョコレート味やイチゴミルク味など甘くておいしそうな味もあります。

これなら子供も喜んで虫歯予防をしてくれそうです。

でも、ネットで話題になっているムシバイもやっぱり気になる…。

そこで、テテオタブレットとムシバイの違いについて調べてみました。

テテオタブレットの魅力は、なんといっても価格が安い!ということ。

95粒入っていて、320円です。

この価格の安さがとても大きな魅力ですよね。

歯磨きの後やおやつの後に舐めて溶かすように食べるだけでOKなので、使い方も簡単です。

ムシバイも、歯みがき後に舐めて溶かすように食べるだけなので使い方は簡単なのですが、通常価格は7980円もします。

かなり高額…。

しかし、ムシバイ配合成分をチェックしてみると、口の中の環境を整えるクリスパタス菌やPS-B1という成分が配合されていますし、キシリトールも配合されています。

これらの成分によって、虫歯予防だけでなく、歯周病対策も口臭対策もできるとのことなので、やはりムシバイを使ったほうが効果的な感じもします。

特に、歯みがきが苦手で親の仕上げ磨きが不安…という場合は、舐めるだけで虫歯菌の繁殖が抑えられるムシバイが、子供の虫歯対策に大きな力を発揮してくれそうですよね。

今ならキャンペーンで、初回980円と格安で購入できますし、返金保証もついています。

試してみる価値はあるのでは?と思います。

▼テテオタブレットとの違いがわかったら、こちらの内容も知っておいてください。
関連記事:ムシバイVSハキラ【子供の口腔ケアに良いのは?違いを比較】